So-net無料ブログ作成

2月4日/『メリー・ウイドー』通信 [日記/2005年]

  現在稽古中なのは東京二期会の『メリー・ウィドー』。フランツ・レハール作曲のオペレッタである。ウィーンで初演されてから今年でちょうど100周年という、おめでたいタイミングでの上演となる。
 
『メリー・ウィドー』は、わが国でも上演される機会の多い作品だし、これまでも二期会の財産演目のひとつであった。それを20年ぷりのニュー・ヴァージョンとして新たに製作しよう、と言うのが今回の『メリー・ウィドー』。オペレッタのファンにもそうでない方にも楽しんでいただけるものにするべく、スタッフ&キャスト一同、ただいま稽古の真っ最中なのである。
  稽古自体は1月7日より始まっていて、まもなく通し稽古に突入する、という段階まで来ている。今日の稽古でも1幕を、通すつもりなく始めたのに、結果的には通ってしまい、嬉しい誤算、ちょっと感動。

  スピーディでロマンチック、優雅にして抱腹絶倒、とびっきりおしゃれで騒々しい新生『メリー・ウィドー』。是非オーチャードホールへお運びいただきたい。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

山田和也

ゆみこさん、TBありがとうございました。
そうなんですよ。実は尼崎のアルカイックホールで、この11月の12日と13日に、関西二期会さんによる『メリー・ウィドー』が上演されていたんですよねえ。
私は『ジキル&ハイド』の稽古中で見に行くことはできなかったのですが、ご観劇ありがとうございました。
by 山田和也 (2005-11-16 06:35) 

ゆみこ

突然のTBにご丁寧にコメント下さって感激です!
オペラの世界も山田さんの手にかかると、このような軽快で楽しく、
親しみやすい作品になるんですね!
男性陣のラインダンスも、オペラの世界の方々がダンスと歌を一緒に
あのように踊られるのはとても大変なことだと思いますが、とても
楽しい場面で拍手喝采でした!
今までオペラ、オペレッタを見て「もう一回見たい!」と思ったことはなかったのですが、今回は「もう一回見たい!」と思いました(^^)
by ゆみこ (2005-11-16 21:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。