So-net無料ブログ作成

『ジキル&ハイド』通信 [日記/2005年]

10月30日(日)

 ヴォーカル稽古がスタートして既に2週間が経つ。メニューも順調に消化され、今日は全員が揃って、ストーリーを追いながらのヴォーカル稽古。

  『ジキルハイド』の声楽指導は北川潤さん。『オケピ』の初演や『ローマの休日』などでは俳優としても登場していたので、ご記憶の方もあるだろう。我が国ミュージカル界の歌唱指導の第一人者であり、かつてハロルド・プリンスから「ピッコロ・パバロッティ」のニックネームを授かった人でもある。
 8月末の製作発表のトークでもお話したのだが、日本語は音楽との相性のとても悪い言語である。そのミュージカルには適さない日本語でミュージカルを作ろうとする時、日本語とメロディの相性の悪さを克服するためには、北川さんのような特別の能力を備えたスタッフが必要になる。
 歌唱指導者と言うと「声を出す技術をコーチする人」だと思われ勝ちだが、北川さんは、そのことを指導した上で、「ではどうすればミュージカル・ナンバーが日本語の言葉として聞こえてくるのか」を追求する。日本語でのミュージカル作りには欠かせない、とても貴重なプロフェッショナルなのである。

 紀伊国屋ホールの『竜馬の妻とその夫と愛人』が千秋楽。稽古後、打ち上げに顔を出す。このチームは明日より、いよいよニューヨークまで続く旅に出る。まずは竜馬の故郷、高知へ!
 道中の無事を心より願う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。